nagoyan2017’s blog

ANAマイルで楽しい旅をするために~忘備録

#10 修行ラスト 鹿児島の旅

 思い出してみよう

 はるか1か月も前になりますが、修行ラストの旅、鹿児島へ行ったこと、記録します。メモ程度に下書きしていたつもりだったけど、どこを探してもまったくないので、記憶だけが頼り。早く書いておけばよかった・・。仕事が忙しかったってことと、修行が終わり、他にも気になっていたことを調べたり申し込んだりしている間に、一月も経ってしまったという次第です・・。

やはり、修行の朝は早い

 鹿児島便の朝も早いです。というか、日帰り旅を楽しみたいので、朝一ラス一にならざるを得ない。しかも、この鹿児島はppのためにその便以外の選択肢はないのでした・・。プレミアムシートが朝イチとラスイチしか設定がなかったのです。

8時過ぎの飛行機に乗るためには・・・、逆算すると、6時前起床のコース。

実はこの日、ある野望を胸に抱いておりました。最後の最後の修業旅になって、マスコット的存在を連れていこう!!と数日前に思い立ったのです。なので、できれば空港でいつもよりも時間が欲しい。←この時は、SHOPが開いていないとかいう問題は想定外でした・・。

到着、そして、入手

 思い描いていたマスコットは、このブログのアイコンにも勝手に使用している『だなも』くん。この人を連れていこう、空港のゆるきゃらだから絶対あるはず!!でも、ないんですよね。探しても探してもあるのは、空の旅人『フー』の関係者のみ。

ま、しょうがない、「だなも」はあきらめてと、最後の旅のマスコットとして、がま口『ふー』を連れて行くことに。

保安検査もバッグと一緒に受けましょう。
f:id:nana7ko:20170918201146j:image

 

あとで、落ち着いて考えたら、『だなも』は名古屋市のゆるきゃらだったので、空港にいるわけがない。いや、いるかもしれないけど、8時前に開いているSHOPにはおりませんよね。詰めが甘すぎる・・。

最後のGOZEN
f:id:nana7ko:20170918201213j:image

 もう、次はいつプレミアムに乗って食べられるかわからない、GOZEN。でもこの豆ご飯とか、肉団子、ついこの間も頂いたのと同じですね。そして今回は、景気づけに朝ビーをいただきます。ちょっと弱っていたので、泡を飲み干す元気がなかったのです。

食後はめずらしく、アイスコーヒーも戴いてみたり。コーヒーのお供にいただいた、この「いわてまり」というお菓子が素朴で美味しくて。


f:id:nana7ko:20170918201307j:image
最近まで配られていた抹茶のクッキーは得意でなかったので、おかわりしたいくらいでした。岩手にいったらお土産に買います!!

そんなこんなしていたら、もうすぐ鹿児島空港。外は山山々!!!


f:id:nana7ko:20170918201340j:image

空港によっていろいろなんだなあ、もっといろんな空港へ修行しておけばよかったなーとなんだかおセンチになりました。

空港へ到着

 出てすぐの観光案内所で、市内に行くには、また、当面の目的地へ行くにはどうしたらよいかを尋ねます。予想通りで、高速バスとの回答。

バスに乗る前にとりあえずお水を探しました。水を買い求めに入った売店のオネエサンが指差した場所にはすごい自販機が!!
f:id:nana7ko:20170918201409j:image

おいしい鹿児島の水をがぶ飲みして、とりあえず、高速バスの乗り場を目指します。と言っても、中央出口出てすぐのところでした。

バスも結構本数があったと思います。1000円ちょっとで、1時間程度の旅。ちょっと風邪気味だったので、ウトウトしていたらすぐ市内へ着きました。

駅前にて、若き銅像たちがお出迎えです。名前を見ましたが、よくわからない方がわんさかでした。
f:id:nana7ko:20170918201503j:image

暑い日でしたねーー。

目的地その1仙巌園

 今回、鹿児島へ行くに当たり、鹿児島市内へ行くか、霧島地方へ行くか、桜島も行くか、いろいろ悩みました。

夫は親戚が鹿児島にいるので、幼少のころから鹿児島はもう行き飽きたというくらい行っているようで、おそらく二人で観光で訪れることはこの先あまりないのかな・・と思うと、やはり市内観光、そして、時間があれば桜島も足を延ばそうという、いつものような気ままな旅プランでした。

第一目的は、もしこの先夫婦で鹿児島を訪れたとしても、夫は絶対いかないと思われる「仙巌園」。島津のお殿様の別邸だったところです。

 『桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景色が、仙巌園の最大の魅力です』と、HPにも載っています。

お殿様気分(お姫様ではない・・)で見てみたいな~と、バスに揺られていくのですが、そのバスが、ふつうの市バスだと思うのですが、なかなか良くって、停留所ごとに運転手さんがいろいろ説明してくれます。


f:id:nana7ko:20170918201550j:image

「車内から望む西郷隆盛の像」

座った座席の関係でこれが精いっぱい。でも、ちょっと感動。
f:id:nana7ko:20170918201637j:image

「車内から望む西郷隆盛の最後の洞窟」

最後に洞穴に隠れたってどういうこと!?とこの時は思いながら聞いてました。

他にもいろいろ幕末にかかわると思われるお話をしてくださいました。が、西郷どんが最後に隠れた洞穴がとても印象深くて、それしか覚えていない・・です。

すべての運転手さんがそうなのかがわかりませんが、市内観光にお勧めだと思います。15分に1本くらいの間隔だったし、1日切符が3回乗れば元が取れそうな値段だったので、次回もし機会があれば、それでまわりたいと思います。

仙巌園は暑かった

 到着したら、とてもたくさんの人で、他の方に説明しているツアーガイドさんの話をかるーく聞きながら、ほーとか思って写真。
f:id:nana7ko:20170918201822j:image

この日は、夏日で、汗だくだく。

お水を飲んでも飲んでものどが渇きます。そして、かるくお腹が空いた。

お茶屋さんで、「ぢゃんぼ餅」。

味噌味と醤油味だったかな、アイスコーヒーと共に。
f:id:nana7ko:20170918202022j:image
5本は無理だな~と、これにしたのですけど、5本でも軽くいけました。ね。

ちょっと栄養補給したので、どんどん奥へ参ります。

ああ、これだね、この景色が見たかったのね、ワタクシ。
f:id:nana7ko:20170918202053j:image

一番良い景色が見られると思われる奥の高台までエッチラオッチラと歩きまして、記念撮影。

目の前を電車が走っていたので電線が邪魔ですが、それがなければ昔も同じ風景だったのだろうなー。

昔を思いながら汗かきながら、涼を求めて裏にまわると、ものすごい階段が・・。
f:id:nana7ko:20170918202225j:image

篤姫』の撮影も行われたようですね。写真がたくさん展示してありました。

そして、行きたい場所を探していると、小柄なお父さんに呼ばれまして、いってみたらば、お屋敷の中に入れるのだそう。

600円だったかな。

お抹茶と島津家ゆかりのお菓子もいただけます。そりゃ、行くよね。

ただ、中は撮影禁止なので、目に焼き付けるしかない!!

昔の風情がいいなあと、見知らぬおっさん二人と、ほーー、へーーとうなずきながら説明を聞きました。

お殿様が見たであろう廊下から、錦江湾桜島を眺めるの図。
f:id:nana7ko:20170918202310j:image

やはり電線が邪魔ですね。

島津ゆかりのお菓子。ゆずの味がした記憶。懐かしいような素朴なお菓子でした。
f:id:nana7ko:20170918210821j:image

お抹茶と戴きました。

 食事も悩みましたが、食べてると時間がなくなっちゃうかも・・と、出口で、さつま揚げを2つ購入してお昼代わりにパクリ。
f:id:nana7ko:20170918210855j:image
これで、仙巌園は堪能しましたので、次の目的地へ!!

目的地その2桜島 

バスに揺られて、目指すは桜島フェリー乗り場。

フェリーで、15分で着くんですね。あっという間です。間隔も15分だし、24時間運航って書いてあったけど、真夜中も走っているってことなのでしょうか・・。

鹿児島でも海は青くないなあ・・・。

中に入っていても生暖かいクーラーだったので、デッキのシートで風を感じながら、桜島を眺めます。気持ち良いなあ。

f:id:nana7ko:20170918202457j:image
 と、ここで、『フー』が登場。しまった、仙巌園で写真撮るの忘れていた・・。

記念撮影と化していたら、 あっという間に島に到着。

フェリーは降りましたが、ここからはほんとにノープラン。

帰りの飛行機の時間と高速バスの時間とか考えると、滞在時間は1時間というところですかね。どっちへ行けばいいんだろう!?と、右へ行ったり左へ行ったり。

ほんとは展望台とか行ってみたかったけれど、時間的なことを考えて、今回は歩いて行ける範囲を攻めることにしました。

フェリーおりて右方面に歩いて、ちょっと行ったところに見つけた、月読神社。
f:id:nana7ko:20170918210110j:image

階段を上がって上がって、この旅が無事に終わることを祈願して、

展望台みたいなところがあったので寄り道。
f:id:nana7ko:20170918210141j:image

いい景色でした。左後方に桜島が、目の前には錦江湾鹿児島市

そして、急きょ決めた最終の目的地は、溶岩なぎさ公園にある足湯です。錦江湾を眺めながら足湯に浸かれるらしい。

暑さで、途中、もう引き返そうかとも思いましたが、なんとか到着。
f:id:nana7ko:20170918210207j:image

木陰は満員だったので、直射日光の元、熱い足湯に浸かってみました。疲れが抜けていくのがわかります。

ただ、日光浴びながら足湯(それも、けっこう熱い)するのは、体力的にも辛くなってきて、10分そこそこで退散。

元気になったところで、再びフェリーに乗って鹿児島駅を目指します。
f:id:nana7ko:20170918210235j:image

フェリー乗り場についたころ、さっきまでいた桜島を。

目的地その3黒豚!!

 

天文館で黒豚三昧とも思っていましたが、17時前。確実に開いているところはデパートだよねってことで、駅前のビルへ。黒豚ちゃん、豚ちゃんと呟きながら彷徨います。

本命の黒豚ではなかったけれど、美味しいお魚が食べられそうな居酒屋さんに吸い込まれました。
f:id:nana7ko:20170918210322j:image

 ひとり祝杯を、あげまして

たらふく食べましたー
f:id:nana7ko:20170918210358j:image

お刺身もおいしいし、きびなご♪酢味噌とか、黒豚も串焼きがあったので食べて、〆には鶏飯。お出汁がほんと美味しくて、完食しました。

満腹になったところで、空港行のバスへ。またも、眠っている間に到着です。

やっと名古屋に帰れるはずが

 

空港でお土産に、夫ご要望の蒸気やのかすたどんと、どうしても食べたくなったかるかんを買い求めて、とっととラウンジへ。

ほぼ、貸切状態でした。

ビールと言いたいところでしたが、やはり調子が良くない。

ホットコーヒーと、さっき買い求めたかるかんをパクリ。
f:id:nana7ko:20170918210958j:image

 

 20時には搭乗手続きかなあと思っていたのですが、アナウンスが入り、機材が遅れているだかで30分遅くなるとのこと。名古屋に着くと22時ですね。

機内では、せっかくのプレミアムでしたが、翌日からの事を考えると、1時間でも眠っていたいので、速攻で毛布をいただいて、食事もパスすることお伝えして眠りました。

最後のgozenは食べず仕舞いです。

旅のお供

 

今回は、別の本を持っていく予定でしたが、当日玄関の棚の上に忘れていってしまい、食事をした後でちょっとだけ時間があったので、鹿児島駅の本屋さんで購入しました。
f:id:nana7ko:20170918211012j:image

 「西郷隆盛の明治」

ワタクシ歴史は好きなのですが、幕末から戦前までほとんど無知でして、とくに、薩長土肥は徳川の敵くらいの(偏った)知識しかなかったので、ちょっと1冊読んでみようかなあと、手に取った次第です。

しかも、来年は大河なのですね。驚いた。

もうちょっといろいろ読んでみようかな。西郷どん。

pp単価とか

最後の旅はこんな感じでした。

f:id:nana7ko:20170918213943j:plain

今回は、50000ppを達成することが第一目標だったので、PP単価とか目を瞑ります。

1月から始めた修行の旅、(まだ、#8が記録されていませんが・・・。)無事終われてほんとによかった。

これから、かかった費用とかも出してみたいと思っております。驚愕しちゃうかなあ・・。